読む価値のあるニュースコンテンツ

0 Comments:

SEOプレスリリース作成のための7つのSEO対策

Search

今日では、検索エンジン最適化(SEO)技術を用いてオンラインコンテンツを書くことが必然となっています。優れたプレスリリースコンテンツは、人間のためだけでなく、オンライン検索エンジンのためでもあります。読者の可能性を最大限に広げたいのであれば、SEOのヒントと倫理的なSEOバックリンク構築を取り入れる必要があります。

プレスリリースだけでなく、ブログやその他のオンラインコンテンツにも使えるSEOコンテンツライティングテクニックをご紹介します。

1. 読者が知りたいことはタイトルにある。American Press Instituteの調査によると、アメリカ人の69%が1日に1回以上ニュースの見出しを読んでいるそうです。見出しが注目を集めることができなければ、この統計が示すように、読み流されてしまうでしょう。また、検索エンジンは記事の内容を重視します。ですから、プレスリリースを発表する前には、適切な読者に読んでもらえるような目を引く見出しをつけるようにしましょう。

2. 目立つこと。読者に特別な価値を提供することを念頭に置きましょう。あなたにしか提供できないサービスや情報はありませんか?また、ただの自画自賛ではなく、読者の立場に立って考えましょう。

3. 3. トピックを適切に保つ。ページのタイトルには、人々が検索する具体的な言葉を使いましょう。また、メタ・ディスクリプションやページの他の部分でも、そのキーワードやそのバリエーションを使って、トピックを結びつけましょう。キーワードは、文章の中に自然に現れるようにしましょう。例えば、「GoPro」や「FaceApp」のような特定のブランド名を入力するのではなく、「スポーツカメラ おすすめ」や「写真編集アプリ」と検索する人がいるかもしれません。

4. 4. 幅広い層に向けてコンテンツを書く。シンプルすぎず、複雑な用語を多用しないようにしましょう。句読点のある長い文章や受動的な文章は避けましょう。一番良い方法は、中学1年生向けの文章を想像することです。そうすれば、潜在的な顧客にも検索エンジンにも理解されやすいコンテンツになります。

5. 5. コンテンツが素早くスキャンされるようにする。短い段落、明確な見出し、太字、箇条書き、番号付きリストなど、目に優しい文章を心がけましょう。また、検索エンジンは、構造化されたコンテンツを好みます。長い段落や文章は避けましょう。特にモバイルデバイスを使用している場合は、ユーザーが迷子になってしまう傾向があります。

6. 6. コンテンツが完全な答えを提供していることを確認する。文章を書き始める際には、ヒント1で行ったユーザーの意図に関する調査を参考にしてください。ユーザーが助けを求めている重要なポイントをすべて網羅しているかどうかを確認し、必ずその答えを出すようにしましょう。ユーザーや検索エンジンにとってより明確にするために、関連する質問を新たな小見出しで強調することも考えられます。これにより、コンテンツをユーザーのニーズに合わせることができます。

7. モバイルを考える。携帯電話でのインターネット閲覧者数は、他のデバイスを上回っています。コンテンツの中に入れる画像や動画も含めて、開発するコンテンツがモバイルデバイスに対応しているかどうかを確認しましょう。Googleの検索結果では、モバイルフレンドリーなコンテンツが優先されるようになっています。

複数のページをクリックしなければならないようなコンテンツではなく、スクロール可能なコンテンツにしましょう。

ページ内の動画がスマートデバイスに対応しているか確認する。

画面に表示されるボタンは、モバイルユーザーが使いやすい大きさであることを確認する。

モバイルフレンドリーなメディアでコンテンツを公開する。








Comments:

Private comment